佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

書道教室

山口流芳書道教室
山口流芳書道教室には園児から老若男女まで多くの方々が学んでいます。
教室はとても静かで、書道に集中できる環境です。

毛筆はもちろんのこと、硬筆、実用書道、ボールペン字などの
コースをお選びいただけます。

高校・大学受験の強力な武器(推薦)になる「受賞歴」。
教室に通った生徒たちは大きな自信と美しい字を身につけ卒業します。

綺麗な字は心の鏡

この機会に一緒に“美字人(びじん)”になりましょう!

教室の様子

教室の様子
みんな仲良く一生懸命に練習しています。

教室の様子
筆の握り方等の基礎からお教えします。

指導者紹介

指導者紹介

お問い合わせ

携帯電話 080-3980-0045

メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

けいこ日と日時

けいこ日時

◯:新栄教室(自宅)  ☆:高木瀬教室
※けいこ日は都合にあわせて変更可能です。

書道教室所在地

◯:新栄教室(佐賀県佐賀市新生町4-48)


大きな地図で見る

 

☆:高木瀬教室(佐賀県佐賀市高木瀬東3-15-23)


大きな地図で見る

神野幼稚園(佐賀県佐賀市駅前中央3-9-12)

大きな地図で見る

新栄保育園(佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸1064番地)

大きな地図で見る

 

 

LINEで送る



書道家「山口芳水」最新情報

書道家 作品 現代アート 銀座 ホワイトストーン

この度、東京 銀座

[ Whitestone Ginza New Gallery ]

にて 個展を開催させていただく運びになりました。

夢を叶えていただきました。

二人展と題し 新井文月さんが1階で 私は2階のスペースをいただいております。

お近くの方はぜひともお立ち寄りいただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

山口芳水

▍山口芳水 | 新井文月: 2人展 ▍2019.09.06 – 09.29 ▍東京都中央区銀座6-4-16(銀座新館) ▍11:00 – 19:00(月曜定休)

この度、ホワイトストーン・ギャラリー銀座・新館では山口芳水と新井文月の2人展を開催いたします。書道家・山口芳水は佐賀県佐賀市生まれ。父親である山口流芳の指導のもと幼少より書を始めた山口は、18歳のときに開眼。常識や既成の概念に捉われず、他ジャンルのアーティストたちとの積極的なコラボレーションやインスタレーション作品を発表し、新しい書のあり方を提示し続け現在に至っています。新井文月は多摩美術大学美術学部情報デザイン学科を卒業。企業のWebデザイナーとして活躍後、2014年ニューヨークにて初個展を開催。躍動感のある筆使いには、ダンスに傾倒したこともある経験が投影されています。また、宇宙や銀河といったテーマが、黒の中に光を投入せしめます。2015年にはイスラムと日本の親和性についての作品を発表し、Arab Week 2015 Art Exhibitionに出展。主催国のオマーン/パレスチナ大使より日本アラブ友好感謝賞を授与されました。書評家としても活躍するなど、古今東西の文化に絶えずエッジの効いた眼差しを向け続けています。この機会を是非ご高覧賜りますようご案内申し上げます。

Whitestone Ginza New Gallery is pleased...

コンセプト 意味 55055 ゴーゴーマルゴーゴー

コンセプト 意味 55055

最初の[ 55 ]は精進の意味が込められ 最後の[ 55 ]は挑戦の意味がある。 [ 55 ]と「55」の中心にある [ 0 ]は[ 初心 ]の意味が込められている。

コンセプト 意味 55055 ゴーゴーマルゴーゴー

コンセプト,意味,55055,ゴーゴーマルゴーゴー

 

書道家 展覧会 東京 銀座 whitestone 新井文月 山口芳水 アート art

Whitestone Ginza New Gallery

▍山口芳水 | 新井文月: 2人展

▍2019.09.06 – 09.29

▍東京都中央区銀座6-4-16(銀座新館)

▍11:00 – 19:00(月曜定休)

 

 

この度、ホワイトストーン・ギャラリー銀座・新館では山口芳水と新井文月の2人展を開催いたします。書道家・山口芳水は佐賀県佐賀市生まれ。父親である山口流芳の指導のもと幼少より書を始めた山口は、18歳のときに開眼。常識や既成の概念に捉われず、他ジャンルのアーティストたちとの積極的なコラボレーションやインスタレーション作品を発表し、新しい書のあり方を提示し続け現在に至っています。新井文月は多摩美術大学美術学部情報デザイン学科を卒業。企業のWebデザイナーとして活躍後、2014年ニューヨークにて初個展を開催。躍動感のある筆使いには、ダンスに傾倒したこともある経験が投影されています。また、宇宙や銀河といったテーマが、黒の中に光を投入せしめます。2015年にはイスラムと日本の親和性についての作品を発表し、Arab Week 2015 Art Exhibitionに出展。主催国のオマーン/パレスチナ大使より日本アラブ友好感謝賞を授与されました。書評家としても活躍するなど、古今東西の文化に絶えずエッジの効いた眼差しを向け続けています。この機会を是非ご高覧賜りますようご案内申し上げます。

 

Whitestone Ginza New Gallery is pleased to announce the exhibition...