佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

個人情報保護方針

はじめに

山口流芳書道教室(以下、「当教室」)は、各種サービスのご提供にあたり、お客様の個人情報をお預かりしております。

当教室は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いを実現致します。

 

1. 個人情報の取得について

当教室は、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得致します。
(個人情報とは書道教室入会時や商業書道ご依頼時にお伺いする「氏名(企業名等を含む)」、「電話番号」、「住所」、「学年」等を指します)

 

2. 個人情報の利用について

当教室は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で、利用致します。
以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。

(1) 書道教室に関するご相談等に対する回答

(2) デザイン書道に関するご依頼等に対する回答

 

3. 個人情報の安全管理について

当教室は、取り扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

 

4. 個人情報の第三者提供について

当教室は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。

 

5. 個人情報の開示・訂正等について

当教室は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。

個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。

 

 

LINEで送る



書道家「山口芳水」最新情報

書道家 作品 現代アート 銀座 ホワイトストーン

この度、東京 銀座

[ Whitestone Ginza New Gallery ]

にて 個展を開催させていただく運びになりました。

夢を叶えていただきました。

二人展と題し 新井文月さんが1階で 私は2階のスペースをいただいております。

お近くの方はぜひともお立ち寄りいただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

山口芳水

▍山口芳水 | 新井文月: 2人展 ▍2019.09.06 – 09.29 ▍東京都中央区銀座6-4-16(銀座新館) ▍11:00 – 19:00(月曜定休)

この度、ホワイトストーン・ギャラリー銀座・新館では山口芳水と新井文月の2人展を開催いたします。書道家・山口芳水は佐賀県佐賀市生まれ。父親である山口流芳の指導のもと幼少より書を始めた山口は、18歳のときに開眼。常識や既成の概念に捉われず、他ジャンルのアーティストたちとの積極的なコラボレーションやインスタレーション作品を発表し、新しい書のあり方を提示し続け現在に至っています。新井文月は多摩美術大学美術学部情報デザイン学科を卒業。企業のWebデザイナーとして活躍後、2014年ニューヨークにて初個展を開催。躍動感のある筆使いには、ダンスに傾倒したこともある経験が投影されています。また、宇宙や銀河といったテーマが、黒の中に光を投入せしめます。2015年にはイスラムと日本の親和性についての作品を発表し、Arab Week 2015 Art Exhibitionに出展。主催国のオマーン/パレスチナ大使より日本アラブ友好感謝賞を授与されました。書評家としても活躍するなど、古今東西の文化に絶えずエッジの効いた眼差しを向け続けています。この機会を是非ご高覧賜りますようご案内申し上げます。

Whitestone Ginza New Gallery is pleased...

コンセプト 意味 55055 ゴーゴーマルゴーゴー

コンセプト 意味 55055

最初の[ 55 ]は精進の意味が込められ 最後の[ 55 ]は挑戦の意味がある。 [ 55 ]と「55」の中心にある [ 0 ]は[ 初心 ]の意味が込められている。

コンセプト 意味 55055 ゴーゴーマルゴーゴー

コンセプト,意味,55055,ゴーゴーマルゴーゴー

 

書道家 展覧会 東京 銀座 whitestone 新井文月 山口芳水 アート art

Whitestone Ginza New Gallery

▍山口芳水 | 新井文月: 2人展

▍2019.09.06 – 09.29

▍東京都中央区銀座6-4-16(銀座新館)

▍11:00 – 19:00(月曜定休)

 

 

この度、ホワイトストーン・ギャラリー銀座・新館では山口芳水と新井文月の2人展を開催いたします。書道家・山口芳水は佐賀県佐賀市生まれ。父親である山口流芳の指導のもと幼少より書を始めた山口は、18歳のときに開眼。常識や既成の概念に捉われず、他ジャンルのアーティストたちとの積極的なコラボレーションやインスタレーション作品を発表し、新しい書のあり方を提示し続け現在に至っています。新井文月は多摩美術大学美術学部情報デザイン学科を卒業。企業のWebデザイナーとして活躍後、2014年ニューヨークにて初個展を開催。躍動感のある筆使いには、ダンスに傾倒したこともある経験が投影されています。また、宇宙や銀河といったテーマが、黒の中に光を投入せしめます。2015年にはイスラムと日本の親和性についての作品を発表し、Arab Week 2015 Art Exhibitionに出展。主催国のオマーン/パレスチナ大使より日本アラブ友好感謝賞を授与されました。書評家としても活躍するなど、古今東西の文化に絶えずエッジの効いた眼差しを向け続けています。この機会を是非ご高覧賜りますようご案内申し上げます。

 

Whitestone Ginza New Gallery is pleased to announce the exhibition...