佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

Tag: 字


みんな お習字 習ってくれて ありがとう

Posted on 2月 26th, by yamaguchi in ニュース. No Comments

みんなお習字

習ってくれて

ありがとう

学校終わった後にお教室

疲れてるのに

頑張ってるよね

他のお友達は運動場で

ブランコに縄跳び砂遊び

楽しそうに遊んでるのに…

遊びたいよね

先生も小さい頃毎日がそうだったから

みんなの気持ちがわかるんだ

そうだよ

それって凄いことなんだよ

一生懸命一つのことをやることって

カッコいいんだよ

美しいんだよ

素敵だよ

字が上手になるのに一番大事なのは

「上手になりたいって気持ち」

書きたくない時は

書きたくないって言っていいんだよ

その時は

お手本の字を見て書かなくてもいい

心から溢れた好きな言葉を楽しく書いてみよう

忘れかけたお習字の楽しさに

また気づくかもね

賞状にピカピカのトロフィーもらった時

涙流して嬉しかったね

頑張ったから宝石よりも

輝かしい嬉し涙が零れたんだね

お金で買えない何よりもの宝物

ずっとポケットに入れて

大事にしようね

自分の為

誰かの為

お父さんもお母さんも

先生も

みんなの頑張りは

凄く喜んでるよ

みんな頑張ってくれて

ありがとう

みんなお習字

習ってくれて

ありがとう



企業向け題字を書かせていただきました(株式会社酉島製作所 様)

Posted on 6月 17th, by yamaguchi in ニュース. No Comments

先日佐賀市の656広場(むつごろう広場)にて大筆のパフォーマンスの機会をいただきました。
株式会社酉島製作所様向けの題字とSTSプロジェクト様のプレゼン資料用の書道パフォーマンスです。

◆Youtube

◆写真

 

高性能ポンプで有名な世界企業であります酉島製作所様の「酉島」を書きました。
大筆での毛筆は精魂果ててしまうのですが、良い作品が出来上がりましたし、
さっそく題字を採用いただきましたので、ホッと一安心しました。

私が主宰する書道教室からも将来私と大筆対決できるような生徒がたくさん出てくるよう
日頃の字の練習をさらに心からサポートしたい気持ちになりました。

 

この機会をいただきました関係者全ての皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

書道家
山口芳水



書道はひらがなが意外と重要なのです

Posted on 4月 16th, by yamaguchi in ニュース. No Comments

※写真1「素敵な贈り物をありがとう」

「お手紙とか添え紙にこういう風に字をすらすら書ければいいな」と思いになってる方がいるでしょう

どうやったら書けるのか?

いくら上手に書こうとしても何故書けないのか?

実は

「字が上手く書けないのは理由がある。」

ひらがなには

※写真2

「教育的なかな」=活字のひらがなと ※写真2のA

「一般的なかな」の違いがあります。 ※写真2のB

※写真2のA「教育的なかな」は漢字と同じように四角い枠にデザインされています

※写真2のB 「一般的なかな」は縦長、横長、三角形、逆三角形など様々な形で表現されています。

教育的かなが書けるからといって一般的なかなが書けるとはいえません。

ということは一般的なかなの形を覚えてないと※写真1のような漢字とかなが交ざった字が書けないということです。

つまり美しく書くにはある程度の決まり(大きさ・形)を知っていないと書けないということです。

そして続け字(二文字以上)の繋がってる部分を「連綿」と言います。

全部を繋げるとおかしくなりますので 連綿の決まったパターンを覚えておくと効果的です。

かなは漢字と比べ数も画数も少ないので覚えるのはそこまで難しくありません。

まず「かな」からゆっくり覚えていき それから漢字に入り徐々に書けるという自信を確実に身についていくことをお勧めしますが

一番は自分が飽きずにどう楽しんで行くかが大事ですので漢字の同時進行でもいいでしょう

それが

「字が上手くなる」

「書道を楽しむ」

に繋がっていくでしょう。

それが私からの素敵な贈り物(きっかけ)になれればと思います。

山口芳水



「癖」(くせ) 意識と記憶

Posted on 2月 15th, by yamaguchi in ニュース. No Comments

よく自分の字には癖(くせ)があり悩んでると言われる方がいます。

癖は直るのでしょうか…?

「癖」という字は病(やまいだれ)に壁(かべ)と書きます。

病気の壁を乗り越えれば必ず治ります

字、持ち方、姿勢が風邪ひいてる様なものだと私は考えます

病院(書道教室) 診察(先生) 薬(指導)

字に対し独学で学び進んできたから

少々こじらせてるだけです。

ほっといたままではもちろん治りませんので

書道教室で症状を見てもらい処方箋を出してもらうのが一番の治す方法です。

大きく2つ

意識をし続けることと

きれいな字の記憶

この2つで(意識と記憶)悩みが改善されると思います。

書道家 山口芳水



きれいな字を書く“コツ”はありますか?

Posted on 2月 9th, by yamaguchi in ニュース. No Comments

長年書道(習字)に関わる仕事をしていると
書道教室(お習字教室)に通う生徒以外の方々からも
よく以下のようなご質問をいただきます。

「きれいな字を書く“コツ”はありますか?」

字を上手く書くためにはお習字教室に通い、
筆を握り書道に打ち込むのが一番です。
コツコツと練習することに勝るものは無いのが事実です。

ただし、なかなか書道を学ぶ時間がないという方もいらっしゃいます。
ユーキャンに代表される通信講座にはボールペン字や実用書道も
あるようですので、そのようなコースを受講し、ご自宅で学ばれる
というのも選択肢の一つだと思います。

では書道教室のメリットは何でしょうか?!
それは、お手本を見ながら分からないところを直接教えてもらったり、
実際に書いているところを見ながら指導をしてもらえる点です。

「実は筆(鉛筆)の握り方が悪かった・・・」
「もう少し筆を立てて書けば上手く字が書けた。。。」

などという話はよくあることです。

また、「聞かないと分からない」ことが書道には意外とたくさんあるものです。
“カタカナ”、“ひらがな”は一見簡単そうですが、
予想以上に難しいと仰る方が多いです。

こちら↓の写真にある平仮名の「こ」ですが、
上のラインと下のラインの長さが実は微妙に違います。
下の線が上の線よりも2~3mm長いのにお気づきでしょうか!?

この微妙な長さが綺麗(きれい)な字とそうではない字の
分岐点でもあります。

長くなりましたが、「きれいな字を書く“コツ”はありますか?」への
ご回答は「字を構成する線の長さや配置を気にしてみよう」です。

 

 

私の主宰する山口芳水書道教室には
幼稚園児~大人までの老若男女が通われています。

床に直接座る形ではなく、テーブルと椅子に座るスタイルですので、
正座が苦手な方でも気軽に始められます。

習字セット、筆、墨、下敷き、半紙等全て揃っていますので、
まずは見学してみませんか?

これからの季節は入会が殺到しますので、
お早めにご連絡ください!

 

「美字人(びじん)は一日にして成らず!」

 

佐賀の書道家「山口芳水」

 

書道教室に関する情報はこちらからご確認ください。
デザイン書道のご相談・ご依頼に関しましてはこちらからご確認ください。
作品ギャラリーはこちらからご確認ください。





書道家「山口芳水」最新情報

第45回 「 七夕書道展 」
!!!!!【 最高賞受賞 】!!!!!入賞者多数!!!!!!!!!!子供たちの努力の結晶 宝物です!!!!!

!!!!!^ – ^おめでとうございます^ – ^!!!!!

第45回 「 七夕書道展 」 平成 29年 8月約1400人の出品があり一次審査で選ばれた650人の人が「席上揮毫会」(実際に連盟の会場に行き会場で清書をし提出)に参加しました。一般部を含めた全作品は厳正に審査され、

山口 書道 教室は以下の通りの結果となりました。

[ 県教育長賞 ]2人 [ 梧竹顕彰会賞 ]3人 [ 佐賀芸術文化協会賞 ]2人 [ JA共済連佐賀賞 ]3人 [...

[ のびのび書いているで賞 ]
[ のびのび書いているで賞 ] この字は好きじゃないと書けない! 聞いてみました!だから 芳水[ お習字好き? ] 生徒[ 大好き!!! ] 嬉しくて泣きそうになった。゚(゚´ω`゚)゚。お習字 佐賀 大空 書道 教室

[ 指導者 指導の部 ]

[ 指導者 指導の部 ]

※写真画像 生徒さんの作品

書道講師の夢を目指す方に指導しております(о´∀`о)

今私山口芳水の元で教室の指導助手もしながら学習もされています!!!

とても楽しそうで いつも輝いております^ – ^