佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

佐賀の小学生が書くお習字作品をご紹介します 「初めてのお習字 」


Posted on 3月 30th, by yamaguchi in ニュース. No Comments

佐賀市新栄保育園の生徒の小牟田咲葵(さき)さん

年中さん(4才)から硬筆を習い始め

2年経った今年は卒園です。

書き方大好き

もう一枚書いていいですか?」って

お喋りもせず

きちんと席に座って

凄く積極的頑張る子で私も嬉しかったです。

今では殆ど添削しなくていいぐらい

よく書けております。

そんな咲葵さんが卒園小学校入学してもお習字毛筆)もしたいって書道教室に来てくれました。

今度年長さんの妹(小牟田みお)さんも一緒に習いたいとのことです。

嬉しかったです

子供から喜びをもらえるこの仕事につけて

私は幸せ者だと思います。

これからも先生と一緒に頑張って行こうね。

※ホームページでのお名前と写真の使用許可を頂いております。

書道家山口芳水





コメントを残す

Spam Protection by WP-SpamFree



書道家「山口芳水」最新情報

BMW X2 PICFA ピクファ アート 創作 活動 資金 支援 させていただきます。デザイン 山口芳水 書道家
【 BMW X2 × HOUSUI YAMAGUCHI Edition の売上の一部を、障害福祉サービス事業所PICFA(ピクファ)の方々のアート創作活動資金に支援させていただきます。】 [ アート支援に至った経緯 ] 私がアート活動を始めた頃(十数年前)はアートのアの字も耳にしない時代でした。 まず、作品を制作するにもキャンバスや絵の具、さらにそれを額装となると最低限の費用がかかります。 そして、展示会にてお披露目するとなるとギャラリーなどを借りる必要があり莫大な資金が追加で必要となります。 いざ、作品を発表しても1点も売れない時もあり、鳴かず飛ばずで身が削れるような思いで活動をしていた時期もありました。 これまで続けてこれたのは、そういう中でもサポートしてくださった個人、法人問わず、私のことを気にかけていただいた方々のおかげです。 本当に感謝しております。 最近、アートに携わって、頑張っている子たちを見ると大変だった若い頃の自分を思い出します。 才能がある子たちが表に出れず 足踏みをしている様子を見ると 何か手助けをしてあげたいと心が動き いつか何かしらで支援・サポートができればと思っていました。 そうしたなかで、障害者や健常者の垣根を持たずアートをひとつのカルチャーとして捉え、入居者の障害者のアート活動の受け皿を創出している障害者福祉サービス事業所 PICFA(ピクファ)様の存在を知りました。 今回協業している、Saga BMW様、SAGARICHを運営しているMODE FASHION GROUP様に、BMW× HOUSUI YAMAGUCHI コラボ 車輌の売り上げの一部を支援できないかと相談したところ、快諾していだきました。 最後になりますが、 私たちの思いに共感してくださった方に オーナー様になっていただきたいと 心から願っております。 BMW X2 HOUSUI Edition の コラボ車輌の展示は ↓↓↓↓↓ 「第6回SAGA輸入車フェア2022in吉野ヶ里歴史公園 北口 ふれあい広場」2022年...
BMW saga × アーティスト 山口芳水 X2 HOUSUI Edition Exhibition アート

BMW saga × アーティスト 山口芳水 HOUSUI YAMAGUCHI  X2 HOUSUI Edition Exhibition

水墨画 襖 屏風 書道家 山水画 水墨画 作品 パフォーマンス
西福寺 山水画 佐賀県川副市 描かせていただきました。 実際に現地にてご覧いただけます。

水墨画 襖 屏風 書道家 山水画 水墨画 作品 パフォーマンス