佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

素敵な出会い 日本橋 三越 3億円 髙橋紀成 プロデューサー 小松美羽 White stone Gallery 白石幸栄


Posted on 1月 10th, by yamaguchi in お知らせ, ニュース, 実績紹介, 未分類. コメントは受け付けていません。

東京へ行くことになったきっかけは

日本橋 三越 大展覧会

[ 世界のなかで自分の役割を見つけること ]を読んで

髙橋紀成 ]さんに会いに東京へ行ってきました。

会えたことは今世紀最大の奇跡です。

髙橋紀成さんは 今話題の 検索[ 日本橋 三越 小松美羽 ]さん の プロデューサー です。

詳しくは投稿の最後↓↓↓

その待ち合わせのミーティングに

たまたま正月で帰国していたWhite stone Gallery の社長 Koei Shiraishi(白石幸栄)さんも呼んでてくださいました。

今世紀に2回も奇跡が起きました。

例えれば 自転車で夢の目的地へ向かおうとしていた人の前に バイク 車 電車 ではなく

ジャンボジェットが 2機 並んでいる状況です。

そのプロフェッショナルの二人に
山口芳水のポートフォリオ(活動 作品集 )を見てもらいました。

とても前向きな言葉をいただき気絶しそうなくらい嬉しかったです。

そしてミーティング後

芸能人がお見えになるようなお店にお食事に連れていってもらいました。

夕方4時のミーティングから始まり

途中に プロモートに関わっている 土屋さんもお見えいただき

夜中の4時まで 12時間に渡り

アート談義に花が咲き乱れました。

今後の山口芳水の活動は

劇的に変化していきます。

どうか引き続きお見守りくださいませ。

山口芳水

アジアを代表する[ Whitestone Gallery ]
↓↓↓
https://www.whitestone-gallery.com

わかりやすい記事はこちら↓
池田真優さんのCOMEMO↓
日本のアート市場が揺らいだ、歴史的瞬間↓↓↓
https://comemo.nikkei.com/n/n43592f887082

日本橋 三越 髙橋紀成 髙橋紀成 White stone Gallery 白石幸栄
狛犬 こま犬 日本橋 三越 髙橋紀成 髙橋紀成 White stone Gallery 白石幸栄素敵な出会い 日本橋 三越 3億円 髙橋紀成 プロデューサー 小松美羽 White stone Gallery 白石幸栄 





コメントは停止中です。



書道家「山口芳水」最新情報

ANA 全日空 公式 YouTube OFF TO ART 世界へ飛躍するアーティストたち 山口芳水

ANA 全日空 公式 YouTube リリース ドキュメント ドキュメンタリー

OFF TO ART 世界へ飛躍する アーティスト たち

「 山口芳水 」予告編 アート 書道家 デザイナー

 

書道家 THE ART HOUSE アート デザイン ドキュメント 日本テレビ 山口芳水
2022年 6月13日 月曜日 【 THE ART HOUSE 】日本テレビ 先週の放送に続き 2週目の放送 山口芳水 ドキュメント 特集 ドキュメンタリー 【 情熱大陸 】のナレーション 窪田等氏 そして 8月リリースのドキュメントも同時進行中。 放送を見逃された方は YouTubeやTVer にても配信しておりますので

リリース後に共有させていただきます。

THE ART HOUSE 書道家 山口芳水 特集 日テレ アート 作品 アーティスト

[ 日本テレビ オフィシャル YouTube ]

 

【 THE ART HOUSE 】

 

書道家 山口芳水 2週に渡って特集

出演 株式会社 エンパワー 代表取締役 増井俊介 様

公式HP ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://en-power.jp/sp/

 

6月6日・6月13日

プロデューサー 髙橋紀成

■番組名:

THE ART HOUSE ~そのアートは100年後に残せるか~

(公式ホームページ:https://thearthouse.jp/   )

 

■見逃し配信:

・TVer

・日テレ無料TADA!

・GYAO!(3媒体)→1週間

・Hulu→1年間

※上記の期間、各サイトにてご覧いただけます。

アーティスト/書道家 山口 芳水

◻︎“書”は静寂、その型にハマりきらない自分の情熱を表現し、書とアートの融合を実現 ◻︎「佐賀の怪物」と呼ばれ、ユニクロ、BMWなど有名企業の商品やロゴなども多数手がけ、

ニューヨーク、パリ、上海ほか世界各地で活動する、今注目の書道家アーティスト

そのアートは100年後に残せるか。 10万で買った無名のアーティストの絵が、10年後に億を超えることも起こるアートの世界。 ゴッホやルノワールにも、画材が買えない時代の彼らを支えたパトロンの存在があった。だからこそ、その絵は100年を超えても残り、文化となった。 今の時代を生きる我々には、100年後の文化を作っていく使命がある。...