佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

当教室の【 四年生 古賀成美 】さんが 九州即席揮毫会 佐賀県からは725人 九州No.1 最高賞 金賞 受賞した。


Posted on 1月 23rd, by yamaguchi in お知らせ, ニュース, 実績紹介, 書道教室. No Comments

当教室の【 四年生 古賀成美 】さんが

九州即席揮毫会 佐賀県からは725人

九州No.1 最高賞 金賞 受賞した。

コメントに

「もっと書きたい!!!」

これ以上の言葉はないぐらい最高の言葉だ!!!

書きたいというヤル気がその子を成長させる。

会場には子供一人で入り
手本無し・アドバイス無しで
挑まないといけない。

小学生にはとてもハードルが高い難題である。

それがなんと

「緊張しなかった」と本人。

連日大会に向けて

書き込んで書き込んで書き込むと

自信がつく。

やる気→書き込む→自信がつく→緊張しない→大会に挑む→金賞受賞→自信がつく→やる気→書き込む→…

このサクセスループが今後の何に対してもこの将来を大きく支えてくれることでしょう。

これは家族の支えがあってのことだろう。

今回の賞は本人・家族・親戚・私たち先生も大いに歓喜する思い出1ページとなりました。

成美ちゃん
本当に金賞受賞おめでとうございます!
これからも一緒に楽しんでいこうね*\(^o^)/*

西日本書き方大会

九州7県と山口県小学生・中学生が書の腕を競う第65回西日本書き方会西日本新聞主催)では、

佐賀県からは725人が挑戦した。

このうち107人が予選を通過し、
75人が昨年11月に福岡市長崎県佐世保市であった決戦揮毫(きごう)会に出場、18人が入賞した。

その中で最高賞 金賞
佐賀県在住
四年生 古賀成美さんです。

※記事の投稿は許可をいただいております。

九州,小学生,中学生,書,第65回,西日本,書き方,会,西日本,新聞,主催,揮毫,最高賞,金賞,佐賀県,お習字,書き方,書道,教室,山口芳水

九州,小学生,中学生,書,第65回,西日本,書き方,会,西日本,新聞,主催,揮毫,最高賞,金賞,佐賀県,お習字,書き方,書道,教室,山口芳水

 

 





コメントを残す

Spam Protection by WP-SpamFree



書道家「山口芳水」最新情報

ANA 全日空 公式 YouTube OFF TO ART 世界へ飛躍するアーティストたち 山口芳水

ANA 全日空 公式 YouTube リリース ドキュメント ドキュメンタリー

OFF TO ART 世界へ飛躍する アーティスト たち

「 山口芳水 」予告編 アート 書道家 デザイナー

 

書道家 THE ART HOUSE アート デザイン ドキュメント 日本テレビ 山口芳水
2022年 6月13日 月曜日 【 THE ART HOUSE 】日本テレビ 先週の放送に続き 2週目の放送 山口芳水 ドキュメント 特集 ドキュメンタリー 【 情熱大陸 】のナレーション 窪田等氏 そして 8月リリースのドキュメントも同時進行中。 放送を見逃された方は YouTubeやTVer にても配信しておりますので

リリース後に共有させていただきます。

THE ART HOUSE 書道家 山口芳水 特集 日テレ アート 作品 アーティスト

[ 日本テレビ オフィシャル YouTube ]

 

【 THE ART HOUSE 】

 

書道家 山口芳水 2週に渡って特集

出演 株式会社 エンパワー 代表取締役 増井俊介 様

公式HP ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://en-power.jp/sp/

 

6月6日・6月13日

プロデューサー 髙橋紀成

■番組名:

THE ART HOUSE ~そのアートは100年後に残せるか~

(公式ホームページ:https://thearthouse.jp/   )

 

■見逃し配信:

・TVer

・日テレ無料TADA!

・GYAO!(3媒体)→1週間

・Hulu→1年間

※上記の期間、各サイトにてご覧いただけます。

アーティスト/書道家 山口 芳水

◻︎“書”は静寂、その型にハマりきらない自分の情熱を表現し、書とアートの融合を実現 ◻︎「佐賀の怪物」と呼ばれ、ユニクロ、BMWなど有名企業の商品やロゴなども多数手がけ、

ニューヨーク、パリ、上海ほか世界各地で活動する、今注目の書道家アーティスト

そのアートは100年後に残せるか。 10万で買った無名のアーティストの絵が、10年後に億を超えることも起こるアートの世界。 ゴッホやルノワールにも、画材が買えない時代の彼らを支えたパトロンの存在があった。だからこそ、その絵は100年を超えても残り、文化となった。 今の時代を生きる我々には、100年後の文化を作っていく使命がある。...