佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

青い,天作会,書家,井上有一,展覧会,ボンド,墨,東京,作品,海上雅臣,日々の絶筆


Posted on 7月 5th, by yamaguchi in お知らせ, ニュース, 実績紹介. No Comments

〜展覧会概要〜
[第七回天作会展-井上有一に捧ぐ 書の解放展-]

会期:2015年7月1日(水)~7月5日(日)AM11:00-PM6:00
※初日はPM2:00-8:00 最終日はAM11:00-PM5:00

出品書家:(50音順)

石川 千乃 ISHIKAWA CHINO(日本)

一 了 YI LIAO(中国)

魏墨 WEI MO(中国)

海上 晴安 UNAGAMI HARUYASU(日本)

黄 柏龄 OOI PEK LENG (マレーシア)

加藤 秀麻 KATO SHUMA(日本)

クラウディア・シュピールマン CLAUDIA SPIELMANN(ドイツ)

是枝 千恵子 KORE-EDA CHIEKO(日本)

果真 GUO ZHEN(中国)

佐々木 豊明 SASAKI TOYOAKI(日本)

三代目魚武濱田成夫 SANDAIMEUOTAKEHAMADASHIGEO(日本)

張業宏 ZHANG YEHONG(中国)

トーマス・バウムヘルケ THOMAS BAUMHEKEL(ドイツ)

中嶋 宏行 NAKAJIMA HIROYUKI(日本)

ハシグチ リンタロウ HASHIGUCHI LINTALOW(日本)

日野 公彦 HINO KIMIHIKO(日本)

平蔵 HEIZO(日本)

本城 研石 HONJOU KENSEKI(日本)

森本 順子 MORIMOTO JUNKO(日本)

山口 芳水 YAMAGUCHI HOUSUI(日本)

山本 尚志 YAMAMOTO HISASHI(日本)

湯上 久雄 YUGAMI HISAO(日本)

李潔 LI JIE(中国)

李炘明 LEE HSIN-MING(台湾)

呂子真 LU ZI ZHEN(中国)

-招待出品-
井上 有一 INOUE YU-ICHI(日本)

ニコライ・ウェルシュ NICOLAI WELSH(スイス)

場所:三鷹市芸術文化センター東京都三鷹市上連雀6-12-14

青い,天作会,書家,井上有一,展覧会,ボンド,墨,東京,作品,海上雅臣,日々の絶筆

青い,天作会,書家,井上有一,展覧会,ボンド,墨,東京,作品,海上雅臣,日々の絶筆

 





コメントを残す

Spam Protection by WP-SpamFree



書道家「山口芳水」最新情報

ANA 全日空 公式 YouTube OFF TO ART 世界へ飛躍するアーティストたち 山口芳水

ANA 全日空 公式 YouTube リリース ドキュメント ドキュメンタリー

OFF TO ART 世界へ飛躍する アーティスト たち

「 山口芳水 」予告編 アート 書道家 デザイナー

 

書道家 THE ART HOUSE アート デザイン ドキュメント 日本テレビ 山口芳水
2022年 6月13日 月曜日 【 THE ART HOUSE 】日本テレビ 先週の放送に続き 2週目の放送 山口芳水 ドキュメント 特集 ドキュメンタリー 【 情熱大陸 】のナレーション 窪田等氏 そして 8月リリースのドキュメントも同時進行中。 放送を見逃された方は YouTubeやTVer にても配信しておりますので

リリース後に共有させていただきます。

THE ART HOUSE 書道家 山口芳水 特集 日テレ アート 作品 アーティスト

[ 日本テレビ オフィシャル YouTube ]

 

【 THE ART HOUSE 】

 

書道家 山口芳水 2週に渡って特集

出演 株式会社 エンパワー 代表取締役 増井俊介 様

公式HP ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://en-power.jp/sp/

 

6月6日・6月13日

プロデューサー 髙橋紀成

■番組名:

THE ART HOUSE ~そのアートは100年後に残せるか~

(公式ホームページ:https://thearthouse.jp/   )

 

■見逃し配信:

・TVer

・日テレ無料TADA!

・GYAO!(3媒体)→1週間

・Hulu→1年間

※上記の期間、各サイトにてご覧いただけます。

アーティスト/書道家 山口 芳水

◻︎“書”は静寂、その型にハマりきらない自分の情熱を表現し、書とアートの融合を実現 ◻︎「佐賀の怪物」と呼ばれ、ユニクロ、BMWなど有名企業の商品やロゴなども多数手がけ、

ニューヨーク、パリ、上海ほか世界各地で活動する、今注目の書道家アーティスト

そのアートは100年後に残せるか。 10万で買った無名のアーティストの絵が、10年後に億を超えることも起こるアートの世界。 ゴッホやルノワールにも、画材が買えない時代の彼らを支えたパトロンの存在があった。だからこそ、その絵は100年を超えても残り、文化となった。 今の時代を生きる我々には、100年後の文化を作っていく使命がある。...