佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

枯樹賦,こじゅのふ,褚遂良,山口芳水


Posted on 6月 27th, by yamaguchi in お知らせ, ニュース, 実績紹介. No Comments

枯樹賦(こじゅのふ)

唐時代 褚遂良 35歳の作

北周時代(561〜580)に庾信という人が書いた名文である。
その内容は、はじめ「殷仲」の文を引用し、続いて「准南」「桓温」の名文の一節を引用して、彼の故郷の風物をなつかしむ、というものである。

褚遂良が、この名文を書き写したもの。

〈習い方〉
羊毛が適しています。
緩急抑揚の変化に注意すること。
特徴
太・細の変化が極端なぐらいにある。
太いところは遅くなり、細いところはやや速くなる。
俯仰法」をマスターする。
掌が下向きの状態が俯、掌が上向きが仰となる。
つまり、筆管が一定の角度を保つのではなく、常に筆の角度が変化しながら書く方法である。
この用筆法は、褚遂良王羲之の肉筆を数多く観て学びとったと言われており、書線に変化と表情をつけるためには、学んでおかねばならない重要な用筆法である。
(筆管の下の方を持つようにした方が効果的)
手首を柔らかく構え、繊細さと大胆さのメリハリある表現が必要である。

書家 山口芳水

枯樹賦,こじゅのふ,褚遂良,山口芳水

枯樹賦,こじゅのふ,褚遂良,山口芳水

 





コメントを残す

Spam Protection by WP-SpamFree



書道家「山口芳水」最新情報

佐賀 大空 毛筆 硬筆 お習字 習い事 書道教室 書道塾
どんどん書けるようになり自信が付き やる気が日々日々増しているで賞! 書道をきっかけに できる という感覚を身につけて欲しい 実は一つのことができるようになると 練習すると成果が得れる! 勉強もスポーツも 他のジャンルも できると思えるようになるのです! 本当に頑張っている姿は カッコいいしステキ 素晴らしい!

嬉野茶 田中製茶工場 茶師 茶道家 田中宏 書道教室 食育活動 インナーサービス 冷茶ボトル
【 嬉野茶 田中製茶工場 茶師 茶道家 田中宏 様 】 「 先生喉乾いた〜」と可愛い生徒さんの声に 書道教室で授業の間や生徒さんの送迎の保護者様にお茶を無料提供でいかがですか? ということで とても優しいお言葉と お茶や冷茶ボトルをいただきました! 本当にありがとうございます! お茶スペースを設けて食育活動・インナーサービスとして提供できればと思っております!

さらっと美文字を書いてくる女子高生 とってもオシャレ。ボールペン字 佐賀 書道教室 書き方

さらっと美文字を書いてくる女子高生 とってもオシャレ。ボールペン字 佐賀 書道教室 書き方