佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

この題字は 【小学校の卒業文集】 12歳の時の書です。


Posted on 7月 10th, by yamaguchi in ニュース. No Comments

この題字は

【小学校の卒業文集】

12歳の時のです。

そしてその時の私の文集を紹介します。

全校生徒で【一番短い文章】だったそうです。

内容は以下です。

【二十年後の僕】

「僕は、世界一の習字の先生になりました。習字教室は、二階であっています。僕の家は、三階まであります。生徒が三百六十四人います。毎日、昼の部と夜の部があります。でも、日曜日はやすみでした。月謝は、一人五千円です。
ぼくの教える生徒は、だいたい一番上の賞をとるからうれしいです。僕は、一年前、世界で一番の賞をとりました。だから、たくさんの生徒が来ます。」

ここまで書いて先生に提出したら、短すぎると怒られたことを今でも覚えています。

先生から文章の追加を要求され、
追加した文章の内容は以下です。

「次は、三階の説明をします。三階は、ペットの部屋にしています。ペットの種類と名前をおしえます。犬のガーリックと、ねこのいちごちゃんと、鳥のこけこちゃんがいます。動物と遊ぶのが大好だったから、飼いました。
次に、一か月間習字と仕事と動物をいとこにあずけて、オーストラリア行きました。オーストラリアには、コアラやカンガルーがたくさんいました。オーストラリアのごはんは、とてもおいしかったです。そして、オーストラリアの人と、たくさん友達になれました。帰りたくなかったけど一か月間たったから、家にかえりました。今からも、ずうっと習字を続けようと思いました。」

この文章は現実になる。

今も信じている。

未来へのつばさ 書道家 作品

未来へのつばさ 書道家 作品





コメントを残す

Spam Protection by WP-SpamFree



書道家「山口芳水」最新情報

佐賀 大空 毛筆 硬筆 お習字 習い事 書道教室 書道塾
どんどん書けるようになり自信が付き やる気が日々日々増しているで賞! 書道をきっかけに できる という感覚を身につけて欲しい 実は一つのことができるようになると 練習すると成果が得れる! 勉強もスポーツも 他のジャンルも できると思えるようになるのです! 本当に頑張っている姿は カッコいいしステキ 素晴らしい!

嬉野茶 田中製茶工場 茶師 茶道家 田中宏 書道教室 食育活動 インナーサービス 冷茶ボトル
【 嬉野茶 田中製茶工場 茶師 茶道家 田中宏 様 】 「 先生喉乾いた〜」と可愛い生徒さんの声に 書道教室で授業の間や生徒さんの送迎の保護者様にお茶を無料提供でいかがですか? ということで とても優しいお言葉と お茶や冷茶ボトルをいただきました! 本当にありがとうございます! お茶スペースを設けて食育活動・インナーサービスとして提供できればと思っております!

さらっと美文字を書いてくる女子高生 とってもオシャレ。ボールペン字 佐賀 書道教室 書き方

さらっと美文字を書いてくる女子高生 とってもオシャレ。ボールペン字 佐賀 書道教室 書き方