佐賀市で書道教室を主宰している書道家「山口芳水」です

日本一の奈良の【墨運堂】様からの頂き物です。


Posted on 6月 16th, by yamaguchi in ニュース. No Comments

日本一の奈良の【墨運堂】様からの頂き物です。

感謝致します。

この方々は蔵に20年眠っていたです。

墨と一言で纏めれないぐらい奥が深いです。

水にも相性があり擦る時も会話しながら擦らないと

その方たちの良さが発揮出来ません。

紙により滲みも異なり

使う人によって天と地ぐらいの差が生じます。

同じ年代の同じ墨を手に入れるのは難しい。

だから2度と手に入らない気持ちで使い切るまでにこの方達の性格を見抜かないといけない。

墨の大御所さん達

礼儀として良い相方(水・紙)さんを見つけてきますので

これから長い事語りましょうか。

 

※豆知識

墨(すみ)とは、菜種油やゴマ油の油煙や松煙から採取した煤を香料と膠で練り固めた物(固形墨)、またこれを硯で水とともに磨りおろしてつくった黒色の液体をいい、書画に用いる。

書道家 山口芳水

墨 書道家

墨 書道家

 





コメントを残す

Spam Protection by WP-SpamFree



書道家「山口芳水」最新情報

和多屋別荘 [ 設 ] セレクトショップ 上菓子 練り切り 商品 パッケージ 書道 デザイン 書道家 山口芳水
[ 設 ] 和多屋別荘 select shop [ 上菓子 練り切り ]package Design works YAMAGUCHI HOUSUI

セレクトショップ 上菓子 練り切り 商品 パッケージ 書道 デザイン 書道家 山口芳水

 

書道教室 佐賀 習い事 毛筆 硬筆 ボールペン字 佐賀市 夏休み 宿題

[ とてもよく書けているで賞 ]そして詳しくいうと

 

傾いていたり、中心がズレていたりしています。

その小さなズレをコツコツと修正していきます。

 

そこには前回の自分との修正能力

 

見極めるために

 

見る力や技術(テクニック)

体の動かし方 余白の取り方

 

なぜ?傾いたかの理解

 

上下左右 空間の配置 バランス

 

そして 集中力や何枚も同じ内容を反復練習をする 忍耐力

 

このように

シンプルな構造に見えて

 

たった一枚に

 

相当な 脳 を使います。

 

書道は ” 文字が美しく書ける ”

 

のとプラスで

 

付加価値がたくさんあります。

 

どのジャンルにも必要とされる

 

美・デザイン・テクニック・センス

 

それらを磨くということは

 

今後クリエイティブを重視される

 

世の中の基盤として必ず役に立ちます。

 

世の中に通ずる自分磨きは幼少期からスタートすることをオススメいたします。

 

書道教室 佐賀 習字 書き方 ボールペン字 毛筆 硬筆 大空 習い事 佐賀市 山口芳水 課題 宿題

書道家 作品 アート art nike ナイキ STuREET

書道家 作品 nike ナイキ STuREET アート

STuREET(スチュリート)

 

STuREET × YAMAGUCHI HOUSUI 書道家 山口芳水

 

お待たせしました!

 

コラボ企画の

 

title 【 G-Rusty Armor 2021 】